HOME | LABEL | ENOUG-HO RECORDS | sonic & trip

sonic & trip

yes, please

Release : 2007.04.11
Label : ENOUG-HO RECORDS / LEYLINE-RECORDS
Type : Album
Code : GTCD-4002
Price : ¥2,381 (without tax)
Format : CD


【CD】
Online store
Amazon
TOWER RECORDS


1. yes, please
2. そこはヘヴン
3. 星になりたい
4. I can't
5. スローモーション
6. see you
7. よりよい暮らし
8. 心の中で


sonic&trip デビューアルバム
ここ数年、ようやく新しいロックの世代が生まれてきたようだ。9.11以降、USAのロックは成りを潜め、UKロックにルーツを持つサウンドが台頭。しかも、そのサウンドに日本語を大切にした歌詞を乗せ、エモーショナルなギターが特有な浮遊感をかもしだす。 sonic&trip は、まさにその世代の先駆者である。破壊と威圧より PEACE を。静寂の中にカオスがあり、包み込むようなサウンドの中に孤独があり、透明感とサイケデリックが共存している。「僕はどうして、この世界に落ちてきたんだろう」(yes,please) という言葉から始まるこのアルバム。ジャンルの解明は不可能。8つのストーリーは、折り重なり、ひとつのレクイエムになっている。いままでの方程式にあてはまらない音とことばの世界を感じてほしい。

Profile

sonic & trip

ソニック&トリップ

2001年、小川顕(vo&gt)が高校3年の時、曲を書き始めたと共にスタート。その後、大学軽音部で知り合った仲間たちとライブ活動を続けながらメンバーチェンジを繰り返し、2005年5月にファーストアルバムレコーディング時のメンバー5人が揃う。2006年7月、アルバムレコーディングが終わる頃にメンバーは現メンバー3人となり、8月にはサポートドラムで森信行(元くるり)が参加。影響を受けた音楽は、レディオヘッド、ビートルズ、アラブストラップ、スミス、ジョイデビジョン、ピンクフロイド、ニールヤング、スマッシングパンプキンズ、ジェフバックリー、コールドプレイ、シガーロス、モグワイ、マイブラッディバレンタイン、テレヴィジョン、キュアー、フィッシュマンズ゙、くるり、スーパーカー、はっぴぃえんど、友部正人、銀杏ボーイズ、ブルーハーツ、バンプオブチキン

GO TOP